株式会社B.Best

企業をサポートする実習生の取組み

会社の成長を中長期的にご尽力されている企業様に対して、持続的な成長および発展のお手伝いを行いつつ、外 国人技能実習生の支援も行っております。

成長・発展のお手伝いとは…

弊社は優良監理団体に参画しており、単に受入れ企業へ実習生を紹介するだけではなく、導入後も実習生を放置 せず、毎月必ずヒアリングを行い苦情・不満・疑問などを吸い上げ、企業様へフィードバックし、落としどころ を見つけ解決に努めております。少なくとも報道で問題になっているようなことは、弊社ではございません。 我々は、企業様の成功をサポートしていきたいと考えております。

お問い合わせフォーム

当社だけの取組み

B.Bestグループは、SDGsの取組に賛同し、国籍に関係なく働く人のキャリアに寄り添うことで働きが いを追求します。また企業の生産性向上のため、弊社オリジナルツールと経済産業省・厚生労働省発行のツール を組み合わせ、外国人材にも活用可能なキャリア育成システムをご提案します。

母国での取組

母国での研修期間

入国後・配属後

5年後 (特定技能)

1.面接前の入念な聞き取り

企業理念・経営戦略のヒアリング

企業様の経営戦略・人事戦略等と外国人材(技能実習生・特定技能外国人)活用の内容をヒアリングし、貴社と 外国人材将来に向けての具体的なビジョンを確認させて頂きます。

image2 image3

2.求める人材の求人・選定

人事戦略のヒアリング

人事戦略は、売上を上げるために人を育てることですか?生産性を上げることですか?外国人材(技能実習生・ 特定技能外国人)のキャリアの醸成と労働生産性向上は切っても切り離せない関係です。 企業様にとって本当に必要な人材とは??具体的にお聞きします。

image4 image5

3.面接時に行う面接内容の確認

開かれた質問

キャリアコンサルタントの技法です。YesやNoで答えられる質問ではありません。日本人同様に外国人も面接時は誰でも緊張します。質問の入口はYes・Noで答えることができる質問で相手の緊張をほぐして、Yes・Noで返って来た答えについて、理由を聞きます。 例えば、「Yesと答えた理由を聞かせてください」「なぜ、Noなのですか?」

torikumi-img01

4.面接時に行う性格検査・職業興味検査

特性検査・興味検査とは

テストバッテリーの重要性。面接で得られた情報だけでは、候補者の志向性や職業に対する興味度は理解できま せん。日本人でも外国人でも配属された職場のメンバーと上手くやっていけるのか、そもそも候補者はその職業に興味を持っているのか、面接だけで採用を判断するのは不安が残ります。

torikumi-img02

 【テストバッテリーとは】
性格を構成する 12 の因子を検査し、個人が持つ興味ある職業傾向を併せて調べます。 この事により採用者選定に客観的な根拠を見いだすことを意味しま す。

5.採用者のインフォメーションデータ

インフォメーションデータの作成

採用者の性格特性と職業興味傾向をグラフ化して企業様にお渡しします。 配属先の管理または技術指導される方への指導方法に大いに役立つツールとなります。

torikumi-img03

6.業務の視える化

見える化

母国にて配属前に受入企業様の専門的知識を学びます。まず、作業エリアの区分や担当する機械の番号ふりを行 います。次に外国人材に担当してもらう業務全てを洗い出します。また業務の全てに必要な工具や治具、機械の 名前、注意すべき点等をイラストや写真で母国語と日本語で表記します。(母国語翻訳は弊社が行います)

これらを、日本語教育期間を利用して、外国人材に学んでもらうことで、配属先の初期教育(OJT)の短縮化を図ります。

torikumi-img04

7.環境アセスメント

環境アセスメント

日本人と比較した場合、外国人材は、安全衛生概念は高いとは言えません。起こり得る労働災害(過去の事例等) を事前に徹底させることで、リスクヘッジに繋がります。

torikumi-img05

8.ストレス度チェック

ストレス度チェック

良い仕事をするには、心と体の身支度を整えて。心の乱れは服装や態度等に表れます。また、人の心は常に変化し誰でも何らかのストレスを抱えています。ストレスが軽い内に対処(コーピング)できれば、本人への負担、労働生産性の影響も少なくなります。外国人材の場合、仕事へのストレスよりも、母国を離れたストレスや生活面でのストレスを多く抱えているケースが多いため、弊社では毎月ストレス度チェックを実施致します。

image21 image22

毎月ストレスチェックを実施。その結果とストレスコーピングを担当者様へ提示・提案します。

9.キャリアプランニング①

ライフラインチャートの作成

将来に向け、自分はどうしたいのか、どうありたいのか「自己理解」「仕事理解」気付いでもらいます。日本人であっても外国人であっても自分の将来への期待や不安はあります。特に外国人材にとって日本で学ぶ語学力や技能レベルの目標設定が出来ているのか否かでは今後の人生に大きな差が生まれます。

個人のモチベーションの差は、配属先の企業様にとっても外国人材が目標を定めているかどうかで労働生産性に大きく影響されます。

torikumi-img06

配属後、3ヶ月を経過した時点でライフラインチャートを使い、過去の自分の棚卸しを行い 自分の強み・弱みを視える化します。

強み弱みを踏まえ、将来への目標達成までの期間と具体的なプランを書き示します。

10.キャリアプランニング②

エンプロイアビリティシートの活用

「雇用され得る能力」を成長させます。現在の日本教育過程においてキャリア教育が浸透しています。但し、キャリアを向上させるには、4つの能力と3つの基礎能力が必要です。外国人材にとっては、日本で働く上で最も重要視すべき能力です。

また、帰国後の彼らにとって日本語能力・技能レベルよりも必要な能力と言っても過言 ではありません。

torikumi-img07

11.表彰制度

表彰制度

小さな成功体験の積み重ねがキャリアを育成する上で最も大切です。誰でも人に褒められることは嬉しいものです。但し、褒める側が主観的ではなく客観的な基準を設けることは、褒める側にとって最も必要なことです。 外国人材に向けるまなざしの基準を決めることで、彼らの成長と企業の生産性を上げる起爆剤になります。

torikumi-img08

12.特定技能

特定技能

外国人技能実習制度とは在留資格が異なります。大きく分けて以下の3つのパターンがあります。

  • 日本で働いている技能実習生が特定技能へそのままスライド
  • 過去日本で働いていた帰国した元技能実習生→特定技能
  • 現在日本に留学している留学生→特定技能

torikumi-img09

13.登録支援機関と支援内容について

登録支援機関

【特定技能申請と登録支援機関の概要】

torikumi-img10

登録支援機関になるには、過去5年間に2年以上の中長期在留者の生活支援業務の実績がある団体または企業・ 個人、出入国在留管理庁長官への登録を許可が必要です。

登録支援機関の支援内容

1.事前ガイダンス

image30

外国人材(特定技能)と雇用契約を締結した後、 労働条件や入国手続き、活動内容、保証金の有無など、説明します。

2.出入国する際の送迎

torikumi-img13

入国時期に合わせ、外国人材(特定技能)の送迎を行います。また、出国の際は、保安検査場の前まで同行し、入場するまで見届けます。

3.生活に必要な契約時の支援

torikumi-img11住居確保のための契約、銀行口座の開設、ライフラインの契約等の手続きを補助します。

4.生活オリエンテーション

image35ゴミ出しのルールやマナーをはじめ、公共機関の利用方法や災害時の対応等の説明を行います。

外国人材(特定技能)が理解できる言葉で8時間以上のオリエンテーションを実施します。

5.公的機関への手続き支援

image36 市役所等の公的に必要な手続きを外国人材(特定技能)に同行し、サポートします。

6.日本語学習の提供

image37 日本語教室の入学案内・入学手続き、日本語学習のための教材の情報を提供します。

7.相談・苦情への対応

image38職場で困っていることや生活する上で、困っていることなど、外国人材(特定技能)の母国語で対応します。

8.日本人・分化の交流

torikumi-img12地域住民との交流の場やお祭り等行事の案内、これらに参加するためのサポートをします。日本文化に触れ合う機会を提供することは、義務付けられています。

9.転職支援(人員整理があった場合)

image42外国人材(特定技能)と企業との雇用解除等に至った場合、求職活動または失業給付等の手続きのサポートをします。

10.定期面談の実施

image41 外国人材(特定技能)と彼らの上司との面談を毎月実施します。労働基準法違反があった場合、行政機関への通報が義務付けられています。

経営者様に

3年〜5年後までの「経営計画」を作成して頂きます。無料支援します。

当社代表がよろず支援拠点「豊橋サテライト」のコーディネーターをしております。相談は無料です。是非活用してください。

豊橋サテライト

お問い合わせフォーム

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度の目的・趣旨は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、 当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。 この制度を推進していくことで、我々は国際社会に貢献していきます。

外国人技能実習制度 相関図

外国人技能実習制度 相関図

対象職種・作業一覧

※技能実習制度には厳密な作業範囲が定められています

令和元年5月28日時点 80職種144作業

移行対象職種・作業一覧(厚生労働省HP)

 技能実習生の人数枠

実習実施者(受入企業)の常勤職員の総数 技能実習生の人数
301人以上 常勤職員総数の 20分の1
201人〜300人 15人
101人〜200人 10人
51人〜100人 6人
41人〜50人 5人
31人〜40人 4人
30人以下 3人

※常勤職員には、技能実習生は含まれません

技能実習生の入国から帰国までの流れ

技能実習生の入国から帰国までの流れ

ご依頼の流れ

ヒアリング

提案、コストなど事前の打ち合わせ

ヒアリングした内容を基に、当組合からの提案をいたします。コストや募集する国、スケジュールなど綿密な打ち合わせを重ね、現地で人材募集を開始します。

現地送出し機関

求める人材を選抜後面接し、契約の締結をお手伝い

現地機関より、人材確保の連絡を受け、当組合で第一次選抜を実施します。その後、面接を実施いただき、契約締結をサポートいたします。
※ここまでで3~6ヶ月必要です

現地講習

日本語、日本生活、習慣などの教育

契約締結後、採用人材を現地にて教育いたします。教育内容は日本語、日本生活、習慣などです。

日本での講習

当組合施設で最後の教育

入国手続きをし、当組合の施設で1ヶ月間の教育を実施します。

実習スタート

カリキュラムに沿って実習開始

受入企業に配属され、カリキュラムに沿った技能実習がスタートとなります。

受入企業の声

(準備中)

実習生の声

原文

実習生の声

和訳

私は、3年間日本の企業でがんばります。

会社の皆さんは、やさしく教えてくれます。

ベトナムに戻ったら、日本で教しえてもらった技術 を活かし就職したいです。

レー・チュン・ドゥック

会社概要

株式会社 B.Best

〒440-0057
愛知県豊橋市旭町字餌指1‐4
電話:0532-54-0807
FAX:0532-51-4538

会社情報はこちら

愛知県ファミリーフレンドリー企業

愛知県ファミリーフレンドリー企業

「ライフラインチャート雛形」 ダウンロード

ライフラインチャートの雛形はこちらからダウンロードをお願いします。

【ダウンロードはこちら】

Facebook(社内報)

Q & A(セミナー参加された方へ)